年収300万円でも住宅ローンは組めるのか?専門家が解説

年収300万円でも住宅ローンは組めるのか?専門家が解説


Comment

年収300万円でも住宅ローンは組めるの?

率直に言いまして、年収300万円でも住宅ローンを組むことは『十分に可能』です。
よく、「年収は少なくとも400万円以上ないといけない」という話や「年収300万円の場合はまとまった頭金が必要」という話を聞きますが、全てではありません。
※年収制限がある金融機関もあります。

確かに年収が多い方が審査に通りやすい面はあります。
しかし、年収が300万円あるいは300万円以下であったとしても、安定した収入があれば、住宅ローンを組むことが可能です。

事実、独立行政法人住宅金融支援機構の調査(*1)によると、同支援機構と銀行が進めている『フラット35』という住宅ローン利用者について、「年収399万円以下の世帯」の割合が、2006年度は11.0%だったのに対し、2016年度には23.1%と2倍以上も増加。
実に、全体の4分の1近くを占めるという結果となりました。
*1 フラット35利用者調査

このように、年収300万円や300万円未満の世帯でも、住宅ローンを組んでいる方はたくさんいるのです。


<ここでのポイント>
住宅ローンを組むのに年収〇万円以上という定めはない。
安定した収入があれば住宅ローンを組むことができる。

年収300万円での借入可能金額は?

住宅ローンの申請について、「年収〇万円以上」という条件を定めている金融機関はあまりありませんが、「年収」によって『借入可能金額』は変わってきます。

年収300万円台の場合、住宅ローンの『年間の返済負担率(年収に対する年間返済額の割合)』を年収の25~30%以内と定めている金融機関が多いです。

仮に「年収300万円で、年間の負担率を安心ラインの25%」とした場合、年間の返済額は
300万円 × 25% = 75万円(年間返済額)
となり、月々の支払い金額は62,500円となります。

この月返済額で「フラット35」の『借入可能額シミュレーション』を行うと、ボーナス0円としても約2,156万円の借入が可能という試算になります。(金利1.16%で計算)

同様の条件で、返済負担率を30%(月返済額75,000円)にした場合は、ボーナス無しでも約2,587万円の借入が可能との結果に。

このように、「年収300万円、頭金なし、ボーナスなし」という条件であったとしても、住宅ローンを組むことは夢ではなく、実際に住宅ローンを組んで、自分の家を購入している方は、たくさんいらっしゃるのです。


<まとめ>
年収300万円であっても2,000万円台の住宅ローンを組むことが可能。
頭金などもあれば、3,000万円以上の借入が可能な場合も。

ページのトップへ戻る